住宅ローンとは貸してくれる金額が自分の限界ではない

住宅を購入するときには、多くの場合、借金をすることになります。つまりは、お金を借りるわけです。それは悪いことではないのですがここで勘違いをしてしまうことがあります。それが貸してくれる金額をそのまま借りる、ということです。住宅ローンというのは必ずしも自分の限界であるとは限らないのです。住宅ローンで家を買うこと自体は悪いわけではないのです。大事になってくることは問題なく、自分の分限で買うことができるのかどうか、ということでしょう。折角、購入した住宅を返済ができなくなってしまって手放す、ということになってしまったら意味がない、ということになります。ですから、借りる時には金融機関の言いなりにするのではなく、キチンと返済計画を立ててから、ということにしましょう。借金をして購入した場合、その借金がすべて終わってから初めて本当に自分のものになった、ということになります。そこだけは注意しておいたほうがよいでしょう。
メニューを閉じる